すべての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です。




極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武道の格言から発した名称です。完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。
極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」とは、創始者である故大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。
また一方では、極真の挨拶「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。
心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、実生活に活かされると信じます。


 (おおやま・ますたつ)

国際空手道連盟極真会館創始者。
1923年6月4日生まれ。

幼少の頃より拳法を学び、14歳で山梨少年航空学校に入学。15歳のときに船越義珍先生(日本に初めて空手を紹介した人)の門下生となる。その後、拓殖大学、早稲田大学に学び、身延山での修行を経て1947年9月に戦後初めて開催された全日本空手道選手権大会で優勝。

1948年4月より清澄山にて1年8ヵ月の山籠り修行を敢行し、下山した1950年11月、千葉・館山で猛牛と対決。47頭の牛を倒し、うち4頭は一撃で即死。1952年に渡米して全米各地を回り、空手の演武とデモンストレーションを行い空手をアピール。その間、プロレスラーなどと真剣勝負を繰り広げ7戦全勝。その後も度々世界各国を歴訪し、演武と指導を行い空手を世界に広める。

1964年、国際空手道連盟極真会館設立。1969年には『直接打撃制(フルコンタクト)』を提唱し、第1回全日本空手道選手権大会を開催。1975年には通称『カラテオリンピック』第1回全世界空手道選手権大会を開催して、全世界に極真空手ブームを巻き起こす。世界120ヵ国に公認道場を持ち、1200万人の門弟の総裁として、その生涯を極真空手に捧げた。

1994年4月26日、肺癌のため急逝。享年70歳。


 座右の銘

一.武の道は礼に始まり礼に終わる よって常に礼を正しくすべし
二.武の道深求は断崖をよじ登るがごとし 休むことなく精進すべし
三.武の道においてはすべて先手にあり しかれども私闘なし
四.武の道においても金銭は貫いものなり しかれども執着すべからず
五.武の道は姿なり 何事においても常に姿を正しくすべし
六.武の道においては千日を初心とし 万日の稽古をもって極みとす
七.武の道は宇のためにあるものなり 修練にて私心を忘れるべし
九.武の道においては点を起とし円を終とす 線はこれに付随するものなり
十.武の道において真の極意は体験にあり よって体験を恐れるべからず
十一.武の道において信頼と感謝は 常に豊かなる収穫を得ることを忘れるべからず



 (まつい・しょうけい)


変化し続ける社会、混沌とする環境の中で目指すべきベクトルを見出すことはかなり 困難な時代になってきています。

そういう状況下で次世代を担わなければならない若者たちが翻弄されてしまっています。若者が自らの持つエネルギーを思いっきり社会にぶつけ自分を認め肯定し、その 存在価値を高めていくために"極真精神"を活用して欲しい。

大山倍達の残した極真の精神と技術を広く世界中の老若男女に普及し「他を益する」これが私の使命であると考えます。

1963年 1月15日東京に生まれる
1976年 6月12日13歳で極真空手に入門
入門後約一年で初段取得
1980年 17歳で第12回全日本大会に初出場第4位入賞
1981年 第13回全日本大会3位
1982年 第14回全日本大会3位
1983年 第15回全日本大会8位
1984年 第3回全世界大会3位
1985年 第17回全日本大会優勝
1986年 4月、中央大学商学部経営学科卒業
5月、空手界最大の荒行といわれる「百人組手」を完遂
11月、第18回全日本大会優勝
1987年 第4回全世界大会でついに優勝を修める
1992年 5月、本部直轄浅草道場を開設して支部長となる
1994年 5月、大山倍達総裁の生前の遺志に基づき館長に就任。現在、組織運営のかたわら世界各地を訪問し、技術指導、後輩の育成にあたる

※現役選手時代全56試合の通算成績は50勝6敗、第17回全日本大会から第4回全世界大会にかけての3連覇の記録は極真史上に残る記録となっている。




一.吾々は心身を練磨し、確固不抜の心技を極めること

わたしたちが、空手を修行する目的は、自分自身の体と心をきたえることにあり、真剣にけいこに打ち込むことで、どんなことにも動じない心と強い意志を習得して行かなければならない。

一.吾々は武の真髄を極め、機に発し感に敏なること

わたしたちは、武道としての空手の道を徹底的に追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。

一.吾々は質実剛健を以って、克己の精神を涵養すること

わたしたちは、自分自身を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ強い心を養っていくことを心がけなければならない。

一.吾々は礼節を重んじ長上を敬し、粗暴の振る舞いを慎むこと

わたしたちは、礼儀を身につけ、目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。

一.吾々は神仏を尊び、謙譲の美徳を忘れざること

わたしたちは人間の力が及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手のことを大切にし自分を謙遜する態度を忘れてはならない。

一.吾々は智性と体力とを向上させ、事に臨んで過たざること

わたしたちは、空手の修行によって知性と体力を向上させ、どんな状況でもあせらず、冷静に対処できるようにならなければならない。

一.吾々は生涯の修行を空手の道に通じ、極真の道を全うすること

武道としての空手の修行は、一生かけて追い求めるものであり、一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義である。




KYOKUSHIN KAGAWA・OKAYAMANISHI BRANCH