入門手続きについて 入会金・月会費について 極真会館本部会員登録制度について
休会について 退会について 武道共済について
加圧トレーニング 道場エチケット
道着他    審査会 審査前の昇級規定および修行期間

入門手続きについて
@入門申込書・入門誓約書(各道場にあります)に必要事項を記入・捺印しご提出下さい。
   (未成年者は、保護者の承諾の印を要します。)
A顔写真(3cm×4cm)2枚。
B預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書(月会費用)に必要事項を記入・捺印しご提出下さい。
 口座番号と銀行届印が必要です。
 月会費は、前納制で毎月26日(岡山県西支部)、27日(香川支部)に自動振替とさせていただきます。
C本部会員登録申込書に必要事項を記入・捺印しご提出下さい。
D傷害保険等「武道共済」を、新規入会者は、初回だけ当支部が負担します
 2年目以降は、任意になります。ご加入されることをお勧めします。



入会金・月会費について
入会金 1名 10,800円
 →現在、入会金半額キャンペーン実施中
                                 (1月31日まで)
月会費 幼年・小学生・一般女性 中学生・高校生・大学生
一般(19歳以上)
1名 5,670円 6,300円 7,350円
休会費1,050円
                                               (税込み) 
月会費は、前納制で毎月26日(岡山県西支部)、27日(香川支部)に指定口座より振り替えられます。
会員のご都合(残高不足)により振替ができなかったときは、翌月7日までに直接事務局(各道場)へお支払い下さい。
会費を3ヶ月滞納した場合、退会扱いとなりますのでお気をつけ下さい。
振り替えられた会費は、返金いたしませんのでご了承下さい。




極真会館本部会員登録制度について
極真会館総本部へ会員登録していただきます。
この会員登録によって昇級・昇段が総本部に登録され、また極真の道場生として大会に出場することができます。
会員登録申し込み後、総本部より写真入り会員カードが送られ、その他の特典として極真通信の発送、極真オリジナルグッズ・ビデオの割引販売等があります。
年会費は、申し込みをされ3ヵ月後に指定口座より「ラクテンKC」で引き落とされます。
会員カードは、年会費が引き落とされて1ヶ月後に総本部よりご本人に郵送されます。
年会費は毎年同じ月日に引き落とされます。
退会される場合は、ご本人が会員制度推進本部(03−5766−3037)に直接電話を入れて退会を申し出ることになっております。
会員カードは返却して下さい。
詳しくは、入門時にお渡しする説明書を参照して下さい。
あわせて、事務局(0877−28−8880)にご連絡下さい。
会員登録申込書を受け付けたあとに退会される場合、年会費は会員負担になります。




休会について
休会されるときは、前月13日までに道場規定の「休会届」に署名・捺印のうえ事務局にご提出頂くか、FAX(0877−28−9888)で送信して下さい。
電話での受付はいたしません。

休会費は、1ヶ月1,050円(税込み)です。



退会について
退会されるときは、前月13日までに連絡を下さい。
文書にて次の要項を記入して郵送頂くか、FAX(0877−28−9888)で送信して下さい。
15日を過ぎますと、事務手続き上翌月の会費が振り替えられます。
  
    記入事項 退会届、退会年月日、生徒指名、月会費の振り替えの銀行名、
           支店名、口座番号、名義人、住所、電話番号

 
総本部会員登録退会は、香川支部・岡山西支部の退会手続きとは別の手続きになります。
ご本人が、会員制度推進本部(03−5766−3037)に直接電話を入れて退会を申し出て下さい。
退会届が提出されない限り「年会費」「月会費」は、振り替えられます。振り替えられた会費は翌月の会費として受け取り、返金いたしませんのでご了承下さい。




武道共済について
この制度は、スポーツ安全保険の傷害保険と賠償責任及び共済見舞金制度に、極真会館独自の各種サービスを組み合わせた制度であり、空手に伴う事故の補償を行って、道場生のみなさんや指導員の方々が安心して活動できるように設けられた制度であります。
万一の事故に備えて是非この共済制度に加入し、活動に専念されることを念願いたします。
加入をされる方は、「加入申込書」に記入・捺印され代金を添えてご提出下さい。
詳しくは、道場備え付けのパンフレットをご覧下さい。




加圧トレーニング
極真会館香川支部・岡山西支部の会員は、加圧トレーニングを格安でご利用できます。
月会費制(月4回まで)8,400円(空手会費と一緒に振り替えられます。)



道場エチケット
1.
道場は、伝統的に神聖な場所であるので、会員は帽子をかぶったり、汚い言葉を使ったりしてはならない。
道場では、靴を脱ぐこと。食べ物を食べたり、ガムを噛んだり、飲み物を飲むことは禁止。
また、喫煙をしてはならない。


2. 全ての会員は、稽古のあとの掃除に参加すること。
道場は特別で大切な場所であるので、大事にすること。


3. 会員は、会員間の信頼を大切にすること。
極真の道を、非協力的、悪意のある態度で卑しめることのないようにすること。
悪意を持って組手をすることのないようにすること。
こういった態度は、怪我のおこりやすい状態を招くものである。


4. 会員は、噂話、陰口、他の流派の批判等を慎むこと。

5.
当連盟の他の道場を訪ねる場合は、あらかじめ支部長に許可をもらうこと。
他の支部で稽古をする場合、あるいは他の支部へ移籍する場合は、支部長に連絡をすること。当連盟の公式会員証を持って出向くこと。
他の道場では、最高の尊敬と礼儀を持って指導員及び会員に接すること。


6. 会員は、道場の外でも内でも、当連盟の会員として恥ずかしくないように行動すること。
道場で学んだ技術を他人を傷つけるために使うことがあってはならない。(自分の身が危険な時、あるいは大切な人が危険にさらされた時を除く。)


7. 会員は、「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する。」という極真精神を、道場内でも日常の生活においても忘れずに行動すること。

「極真空手の究極の目的は、勝つことでも相手を負かすことでもなく、人格の完成を目指すものである。」

※道場内で見学をされる方、及び少年部を持つ保護者の方も、会員に準ずる者として上記「道場エチケット」を心に留めて頂きますようお願いします。


道着他
  道着(帯含)    11,550円
  拳サポーター     1,800円
  足サポーター     2,200円
ひざサポーター     2,625円
一撃フィンガーサポーター     3,675円


春、夏、秋、冬の年4回
受信者は入門して2ヶ月以上稽古した者、又は他の道場で3ヶ月以上稽古した者、
昇段受審者は、冬季合宿・夏季合宿に参加した者のみ受審する資格を有します。
国際空手道連盟に登録している者のみ受審する資格を有します。
審査料 10,000円(受審料・登録料・帯代を含む。家族割引有)




審査前の昇級規定および修行期間
以下の基準は次のレベルへの審査前の最低限の修行期間を示す。
例えば ”3ヶ月”とは、週約4時間の稽古量を継続して3ヶ月行った場合を示す

12歳以下は少年部とし、13歳以上に達した後、一般部の同じランクの昇級/昇段審査を受審しなければならない。
12歳以下の少年少女によって許された帯及び級/段は、”ジュニア帯及びジュニア級/段”として取り扱う。


修行期間
無級 2〜3ヶ月(48時間) 太極1、2、足技太極1
10級 3ヶ月(48時間) 太極3、足技太極2、3
9級 3ヶ月(48時間)
8級 3ヶ月(48時間) 平安1、2、三戦
7級 3ヶ月(48時間)
6級 3ヶ月(48時間) 平安3、4、安三、突きの型
5級 3ヶ月(48時間)
4級 6ヶ月(96時間) 太極裏1-3、平安5、撃砕大
3級 6ヶ月(96時間)
2級 6ヶ月(96時間) 平安裏1-5、天掌、撃砕小、最破
1級 6ヶ月(96時間)


KYOKUSHIN KAGAWA・OKAYAMANISHI BRANCH